HOME
当園では、福音館書店の月刊絵本を使用しています。
それぞれの年齢の、成長や興味・関心を考慮した内容で構成されています。
ご家庭でも、どうぞ皆さんでお楽しみください♪



2022年1月のえほんを紹介します
= 年少 =
『まあちゃんの みかんのき』
西巻 茅子 : さく

まあちゃんが生まれた時に、お父さんとお母さんが庭に植えた『みかんの木』。
みかんの木は、まあちゃんと一緒に大きくなり、まあちゃんが4歳になった時、5つの実がなりました。
まあちゃんが1つ食べると、甘くてとっても美味しいみかんだったので、お母さん,お父さん,犬のポンに1つずつあげました。すると残るはあと1つ。そこへみかんが大好きなヒヨドリがやって来て・・・
さてまあちゃんはどうするのでしょうか??


残り1つしかないみかんを、分けてあげようか、どうしようか…という心の葛藤。子どもの気持ちの揺らぎを暖かみの溢れる絵で描いた絵本です。
自分のものを周りの者に分けてあげるというのは、易しいことではありませんが、子どもたちにも、分け合うことでしか味わえない嬉しさ,楽しさ,充実感も知ってほしいと思います。

= 年中 =
『ぞうくんの おおゆき さんぽ』
なかの ひろたか : さく・え

今日は大雪。ご機嫌なぞうくんがお散歩に出掛けると、あっという間に背中に雪が積もりました。
そこで、かばくんやワニくん、かめくんにも見せに行きました。
すると、背中にどんどん雪が積もり・・・おっとっと・・・!!!
一体どうなってしまうのでしょうか??!


みんなが大好きな、ぞうさんのおさんぽシリーズ。今回は雪の中のお散歩です。
かばくんやワニくん、かめくんに見せに行く間に、背中の雪はどんどん積もり、重くなって行きます。思わず「ぞうさん、がんばれ!」と声を掛けたくなってしまいます。
雪の降った日、ぞうくんたちのようにお散歩してみようと思います★


= 年長 =
『せっけんと けしごむ』
及川 賢治 : 作

使われて小さくなったせっけんとけしごむは、ある日、つるつる滑って、ころころ転がって、部屋の片隅で出会います。
「そっくりだね?ともだちになろう!」と意気投合。すぐに仲良くなった二人は、一緒に探検することにしました。
小さなふたりの大冒険が始まりです!さてどんな冒険がふたりを待っているのでしょう?!


ふたりが出会う前のそれぞれのお話と、出会ってからのお話が描かれている今作。話の視点が変わるごと、色使いが変わるのが面白いです。
また、『コマ割り』という漫画独特の技法が用いられ、臨場感に溢れ、読んでいてワクワクして来ます。
つるつる・ころころしている時の不安気なふたりが、出会ってすぐににっこり笑顔!大冒険を楽しんでいる様子を見ながら、これから小学生になるももぐみさんの姿が思い浮かび、みんなも新しい出会いを喜び、楽しんでほしいなと思います★



<<< PREV |TOP| 



Copyright © 2017 - 登戸幼稚園
〒260-0031  千葉県千葉市中央区新千葉3-14-18
TEL & FAX : 043-241-3512

*見学は随時お受けしております*
*希望される方は、予め電話連絡の上、ご来園ください*